国際開発協会への加盟に伴う措置に関する法律の一部を改正する法律

法律第三十五号(昭六二・五・二九)

 国際開発協会への加盟に伴う措置に関する法律(昭和三十五年法律第百五十三号)の一部を次のように改正する。

 第二条に次の一項を加える。

9 前各項の規定により出資することができる金額のほか、政府は、協会に対し、四千三百四十二億二千四百二十六万円の範囲内において、出資することができる。ただし、この項の規定により出資することができる金額のうち千四百四十七億四千百四十二万円は、政府が応募した国際復興開発銀行(以下この項において「銀行」という。)の資本の株式数と国際復興開発銀行協定第二条第三項の規定により政府が応募することができると定められた銀行の資本の株式数との合計が銀行の加盟国が応募した銀行の資本の株式数と同項の規定により銀行の加盟国が応募することができると定められた銀行の資本の株式数との合計のうちに占める割合が一万分の六百六十九以上となることが確実であると認められない限り、出資することができない。

   附 則

 この法律は、公布の日から施行する。

(大蔵・内閣総理大臣署名) 

昭和62年3月までに戻る

昭和62年4月以降に戻る

昭和62年後半に戻る